コテージライフ CottageLife.jp

コテージライフでは、全国の貸別荘・コテージ・ログハウスを中心に、ロッジ・キャンプ場・トレーラーハウス・ペンションを探すことができます。安くておすすめの施設をご案内していきます。

都道府県

バーベキューはできますか?

はい、多くの貸別荘では、各棟の庭にバーベキュー設備を併設していますので、バーベキューパーティーを楽しむことができます。たいてい
バーベキュー設備とは、たいていは「バーベキュー台」と「鉄板」を指します。「食器類」は、別荘内にあるものを利用します。よって、持参する必要のあるものは、木炭、食材、調味料となります。

利用料金について
バーベキューの利用は別料金となる施設が多いので、予め利用料について確認しておきましょう。

BBQを利用する際に、持参するものについて
ご自身で持参するものは、木炭、食材、調味料です。

木炭について
簡単に炭に火を起こせる様に、木炭と合わせて、着火剤も合わせて購入されることをお薦めします。

食材・調味料について
食材は、お好きなものをスーパーなどで購入しましょう。
肉類(牛肉、豚肉、鶏肉、ウインナー、ハム等)、魚類(魚、エビ、イカ等)、野菜等(ニンジン、ナス、エリンギ、キャベツ、さつまいも、しいたけ、じゃがいも、とうもろこし、パプリカ、玉ねぎ等)、調味料(ラード、焼肉のたれ、塩、醤油等)を用意しましょう。

貸別荘の場合、棟内にキッチンがありますので、BBQを簡単に楽しむことができます。
食材を切ったり事前の下ごしらえはキッチンを使ってスムーズに行えます。食器類もそのまま持ち出して構いません。バーベキューは、貸別荘を利用する際の醍醐味です。ぜひ、時間があれば、皆さんでバーベキューパーティーを楽しんでください。

ご利用後について
ご利用後は、食器類を洗って元の場所に戻してください。ゴミは、施設の指示に従って分類して下さい。

バーベキューの際の注意事項

バーベキューの火の始末は十分注意して下さい。使用した炭火は、確実に消化します。BBQ利用後の片付けや炭火の処理については、予め管理人に確認しておきましょう。

また、炭火に割り箸や新聞紙、ゴミなどを入れて燃やしてしまうことはやめてください。ほとんどの方は、「燃えてしまうんだから問題ないだろう」と思われますが、その後の燃え残った燃えカスの処理が面倒になります。新聞や雑誌などは印刷されたインクの油の灰が、食べ物や残った炭に付着したりもします。酔った勢いでゴミなどを入れてしまうこともあり、ガスが発生したり、思わぬトラブルになりかねません。幹事の方は、予め皆さんに炭火に紙などのものを入れないようにお伝え下さい。