コテージライフ CottageLife.jp

コテージライフでは、全国の貸別荘・コテージ・ログハウスを中心に、ロッジ・キャンプ場・トレーラーハウス・ペンションを探すことができます。安くておすすめの施設をご案内していきます。

都道府県

ペット同伴について

ペットを飼われる方は、旅行を自由に楽しむことがなかなか難しいですね。ペット同伴可の宿も増えてはいますが、まだまだ少ないのが現状です。貸別荘は、「貸切なので、自由にペットも連れて行っていいのでは?」とお考えの方もいらっしゃるかもしれませんが、特に「ペット可」としていている施設以外は、勝手に連れて行ってしまってはいけません。

ペット連れのご利用の場合は、事前に宿泊施設がペットの受け入れをしているかどうかを確認して下さい。ペット連れを受け入れている施設以外は、勝手に連れて行ってしまってはいけません。別荘内に入れないから、車で寝かせるから、とお考えでも、決してそのようなことはされないようにして下さい。

ペット同伴OKのコテージでも、一定の条件がある場合がほとんどです。
予約時には、同伴するペットの種類(犬・猫・その他)と大きさ(大型犬・小型犬)などを伝えましょう。また、施設内に入れて大丈夫かどうか、十分に確認してから予約して下さい。

ペット同伴時のマナーについて

  1. 出発前に、ペットを清潔にしてください。汚れている場合は、入浴させて下さい。ブラッシングをして、十分に抜け毛を除きましょう。爪のお手入れもお忘れなく。
  2. 宿に到着して車を降りたら、改めて玄関に入る前にブラッシングをしておきましょう。抜け毛を少しでも落として、入館するのが最初のマナーです。
  3. 館内に入るときは、ペットの足をきれいに拭いてから上がりましょう。これは、ご自身のお家と同じですね。
  4. ペットOKといっても、何でもありではありません。ご自身のお家と違って、ここは一時的にお借りしているよそのお家であることを自覚して、ベット、ソファーなどには乗せないよう注意しましょう。特に、お布団に乗せるのは、禁物です。できれば、ご自宅で慣れているマットやシートを持参しておくのが最適です。
  5. 館内にペットを置き去りにして、外出するのは論外です。絶対にお止め下さい。慣れていない場所でのお留守番は、ペットにとって相当なストレスです。いつもはしないのに、トイレ以外の場所でオシッコをしてしまったりすることもあります。いつでもペットは、お供して下さい。
  6. チェックアウト時は、十分に掃除をお願いします。次のお客様が、すぐに利用されますでの、抜け毛などが残らないように、ローラー式の粘着テープなどできれいに取りましょう。
  7. 万が一、客室にの汚れや備品の破損をしてしまった場合は、忘れずに宿の管理人に申告をして下さい。(信じられませんが、ペットがお布団におしっこをしてしまい、そのまま押入れに入れて帰ってしまう事例も過去にありました。設備の汚れや破損を管理人が気づかない場合、次のお客様に大変な迷惑がかかってしまいます。飼い主のマナーというよりも、社会人としての常識ですね。)

利用者が、お互いに気をつけあい、マナーを徹底することが、貸別荘で充実したひと時を過ごす為のポイントです。特にペット連れのご利用の場合は、常に施設内を清潔に保てるようにご注意願います。


も・・・もしかしてあなたが今興味があるのはこれではないですか?[PR]